トップ > 新着情報 > ごみ収集における熱中症対策について(作業員のマスク着用について)

ごみ収集における熱中症対策について(作業員のマスク着用について)

2021年06月 1日

 ごみの収集の現場において、作業員は夏期の気温・湿度が高い中で収集作業を実施しているため、マスクを着用することにより、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。

 そのため、屋外で人と十分な距離(2メートル以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外して作業を行う場合があります。

 市民の皆さまにおかれましては、このことにご理解いただきますとともに、収集作業員に直接ご用件がある場合など、2メートル以上の距離を保っていただいた上でお声掛けいただきますようお願いします。

 今後も安全にごみ収集業務が継続できるよう、一層のご理解とご協力をお願いします。

 


このページのトップへ