トップ > 市民の方へ > ごみの処理・出し方 > ごみの出し方 > 古紙・布類

古紙・布類



品目ごとにひもなどで結んで出してください。

月2回

蓮田市
白岡市

出せるごみの種類(例)
●新聞紙──── 広告が入っていても可
●紙パック─── 500cc以上の紙パック(内側がアルミ箔のものは除く) ※洗って、開いてから出して下ください
●ダンボール── 大きい場合は、小さくたたんで出してください
●雑誌及び古紙─ 雑誌・菓子箱等・百科事典・単行本等・紙・ノート等
●布類───── 衣服(毛糸のセーターも含む)・シーツ・革コート等
資源ごみ(古紙・布類)
出す時の注意
種類ごとに、ひもで縛って出してください。
雨天時は、次回に出すか、透明のビニール袋等に入れて、ぬれないように出してください。
衣服については、ボタン等が付いたまま出してください。
アドバイス ※新聞紙は、新聞販売店の専用袋を使って出しても収集します。
●紙パックは、このようにして出してください。
紙パック1 紙パック2 紙パック3

資源物にならないもの
資源ごみにならないもの
※これらは燃えるごみとして出してください。
なお、ふとん・毛布・カーペットは座ぶとん大に切って出してください。
ちょっとひとやすみ リサイクルは、地球資源有効使う方法です。
古新聞紙 古新聞紙1年分(およ70kg)を リサイクルすると、太さ14cm、高さ8mの木を1.5本切らずにすみます。
紙パック 紙パック30枚(およそ1kg)で、トイレットペーパーが5個できます。

このページのトップへ