トップ > エコプラザ > エコプラザまつり

エコプラザまつり

 

第12回エコプラザまつりの開催について

  毎年、多くの市民の皆様に参加していただいておりますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、ご来場者及び協力団体等関係者の健康や安全を最優先に考慮し、令和3年11月に開催予定の「第12回エコプラザまつり」については、昨年度に引き続き中止することといたしました。

 なお、「エコプラザまつり」で実施しているイベント等のうち、感染防止対策を講じることで開催できるものについては、単独イベントとして開催する予定です。

 

【今年度開催を予定しているイベント】

1 肥料販売会(9月・3月)

2 タイヤ・バッテリー引取会(10月)

3 フードドライブ(10月)

4 牛乳パックとトイレットペーパーの交換会及びペットボトルキャップと肥料小袋の交換会(11月)

 

※ 詳細については、日程等が決まり次第、広報誌及びホームページ等でお知らせします。

 

 

 

 

令和元年度 第11回エコプラザまつりを開催しました。

 11月17日(日)に第11回エコプラザまつりを開催しました。当日は天候にも恵まれ、1,300人の方々にご来場いただき、体験会などの取り組みを通じて3Rやエコ活動への関心を深めていただきました。

 

    

 

   

 

   

 

   

 

   

 

    

 

第11回エコプラザまつりでは「食品ロス削減」のため、家庭で眠っている食品を持ち寄り、フードバンク等へ寄付する活動「フードドライブ」を行いました。

 

 食品ロスとは、食べられるにも関わらず様々な理由で捨てられてしまう食品のことを言い、日本では年間612万トンも発生しており、世界全体の年間食品援助料の1.6倍に相当します。国民一人当たりで考えると、毎日お茶碗1杯分、年間48㎏の食品を捨てる計算です。食品ロスの約半分は家庭から出ているため、皆さんひとりひとりが食品ロスを出さないライフスタイルを実施することが大切です。

 

 

 

 

 

 

  

    

 

 

このページのトップへ