トップ > 組合概要 > 組合のあゆみ

組合のあゆみ

年月日 機構・行政 ごみ処理 し尿処理
昭和35年
10月

蓮田町・白岡町(2町)をもって組合を設立

 「指令第1510号」
住所 蓮田町根金59 (当時)

   

昭和36年

3月

処理場用地を取得(26,793㎡)

「元荒川廃河川敷の払い下げを受ける」

   

昭和37年

8月

    14KL/日し尿処理施設建設工事着工「酸化方式」
昭和38年
6月

組合において、し尿の収集運搬を開始

「直営・民間業者1社」

  14KL/日し尿処理施設竣工 「酸化方式」

昭和41年

9月

 

20t/日ごみ焼却施設建設工事着工

 「機械化バッチ炉」

15KL/日し尿処理施設建設工事着工「酸化方式」
昭和42年
6月

組合において、ごみの収集運搬を開始

「直営収集」

ごみ収集手数料を各世帯の負担とする

  15KL/日し尿処理施設竣工 「酸化方式」

昭和42年

7月

 

20t/日ごみ焼却施設竣工

 「機械化バッチ炉」

 

昭和45年

7月

白岡町(当時)のし尿収集運搬業務を一部業者委託とする

蓮田・・・1社(許可)  

白岡・・・1社(委託)

   

昭和45年

10月

    50KL/日し尿処理施設建設工事着工 「酸化方式」
昭和46年
8月
    50KL/日し尿処理施設竣工 「酸化方式」

昭和47年

6月

不燃物の収集運搬業務を一部業者委託とする

蓮田・・・1社   

白岡・・・1社

   
昭和47年
10月

蓮田町が蓮田市へ。

(1市・1町)

   
昭和47年
12月
  20t/日ごみ焼却炉を30t/日改修工事着工  
昭和48年
2月
組合所有の廃河川敷地(13,825㎡)を中央板紙所有地(農地)と交換し組合敷地の集約化を図る(敷地面積27,686㎡)    
昭和48年
4月
 

30t/日ごみ焼却施設竣工

(20t/日施設を30t/日施設へ改修)

 
昭和48年
11月

ごみ収集運搬業務を一部業者委託とする

直営、蓮田・・・1社

白岡・・・1社

90t/16hごみ焼却施設建設工事着工(エバラAD型准連式)

 
昭和50年
2月

組合規約の改正に伴い経費の分担割合に均等割と人口割を組込む

均等割・・・25%   

人口割・・・75%

   
昭和50年
3月
 

90t/16hごみ焼却施設竣工

(エバラAD型准連式)

 
昭和50年
5月

ごみ収集業務を全面業者委託とする

蓮田・・・2社   

白岡・・・1社

   

昭和51年

2月

 

15t/5h不燃物処理施設建設工事着工

圧縮破砕併設型・資源再利用型

 

昭和51年

12月

処理場内の環境整備を図る

(道路舗装・造園工事等を実施)

   
昭和52年
8月
  15t/5h不燃物処理施設竣工。 「圧縮破砕併用型、資源再利用型」

 65KL/日し尿処理施設建設工事着工

「高速酸化処理方式」

昭和52年
11月
白岡町全域のし尿収集運搬業務を全面業者委託とする

黒煙防止設備建設工事着工

30t/日ごみ焼却炉に敷設

「湿式電気集塵方式」

 

昭和53年

3月

  黒煙防止設備竣工  
昭和53年
9月
   

65KL/日し尿処理施設竣工「高速酸化処理方式」

昭和53年

10月

し尿収集運搬業務を蓮田地区で直営分を減とし、許可業者の区域を増とする    
昭和54年
7月
処理場呼称を 「蓮田白岡環境センター」とする    
昭和55年
7月

ごみの3種類分別を開始

○ 可燃物 ○ 鉄・プラスチック ○ ガラス・せともの

   
昭和55年
10月

組合設立20周年記念行事を実施

蓮田市のし尿収集運搬業務を全面許可業者とする

不燃物処理施設改造工事着工

切断機・手選別コンベヤ・選別フロア拡張

 
昭和55年
11月
    15KL/14KL/日し尿処理施設を30KL/日浄化槽汚泥処理施設に改造工事着工
昭和56年
2月
    総量規制に伴うCOD自動測定機及び自動連続流量測定機設置工事着工
昭和56年
3月
 

不燃物処理施設竣工

切断機、手選別コンベヤ、選別フロア拡張

30KL/日浄化槽汚泥処理施設 竣工

(14KL/日及び15KL/日施設を改造)

昭和56年
7月
    自動測定機及び自動連続流量測定機設置竣工
昭和57年
8月

浄化槽清掃業者を1社許可する

生し尿・・・1社(委託)

      1社(許可)

浄化槽・・・3社(許可)

   
昭和59年
1月
ビン、ガラス類を全日本身障者リサイクルセンターへ(所沢)    
昭和59年
3月
   

30KL/日浄化槽汚泥処理施設付近の環境整備を図る

「舗装工事等」

昭和59年
4月
可燃ごみの祝日収集を開始    
昭和59年
7月
廃乾電池の分別を開始    
昭和59年
9月
廃乾電池回収箱を全戸に配布    
昭和59年
10月
  30t/日ごみ焼却炉排水処理施設建設工事着工  

昭和60年

2月

  30t/日ごみ焼却炉排水処理施設竣工  

昭和60年

10月

廃乾電池の回収を開始    

昭和61年

10月

    三次処理施設建設工事着工65KL/日・50KL/日、二次処理水を合わせて処理
昭和62年
3月
    三次処理施設竣工

昭和63年

7月

    し尿汚泥乾燥焼却炉施設建設工事着工
平成元年
3月
    し尿汚泥乾燥焼却炉施設竣工

平成元年

4月

ごみ収集運搬業務を業者委託増とする

蓮田・・・3社   

白岡・・・2社

   

平成元年

7月

管理等建設工事着工    

平成元年

9月

トラックスケール設置工事着工    

平成2年
3月

管理棟、トラックスケール設置竣工    

平成2年
5月

駐車場整備工事    
平成3年
3月
  ガラス置場剛板塀等工事  
平成3年
10月
  180t/16hごみ焼却施設及び36t/5h粗大ごみ処理施設建設工事着工  
平成3年
12月
管理棟竣工に伴い、組合住所を 「南埼玉郡白岡町篠津1279-5」 に変更    
平成6年
3月
    COD計移設工事
平成7年
2月
  180t/16hごみ焼却施設 及び36t/5H粗大ごみ処理施設 竣工  
平成7年
4月
ガラス収集日に併せ、ペットボトルの 資源回収を開始    
平成7年
11月
蓮田市白岡町衛生組合廃棄物減量等推進審議会第1回目の開催    
平成9年
3月

トラックスケール改造工事

最大重量の改良 20t → 30t

   
平成9年
9月
環境センターだより創刊    
平成10年
3月
  90tごみ焼却施設解体工事及び整地工事  
平成10年
7月
蓮田市白岡町衛生組合廃棄物減量等推進審議会から答申が出される    
平成11年
7月
   

42KL/日し尿処理施設建設工事着工

平成12年
4月

ごみ分別を4分別から6分別へ

有料指定ごみ袋による収集開始

資源物(古紙・布類、飲食料用缶)粗大ごみ(戸別収集)

   
平成13年
7月
  粗大ごみ処理施設運転管理委託  
平成14年
1月
ホームページ開設    
平成14年
2月
   

42KL/日し尿処理施設竣工

「高負荷膜分離処理方式」

平成14年
9月
    30KL/日し尿処理施設一部委託
平成14年
11月
廃タイヤ廃バッテリー引取会の開始 焼却灰(一部)・ばいじんをセメント原料化へ(10月)
(ダストサイロ設置)
 
平成15年
3月
  リサイクル工房
(旧施設を有効活用し家具修理行う。)
 
平成15年
5月
 

一軸破砕機導入

枝木等の剪断用

 
平成16年
3月
一般廃棄物処理基本計画策定 一軸破砕機設置工事着工  
平成16年
5月
  一軸破砕機竣工  
平成16年
11月
リサイクル家具展示販売会開始    
平成17年
11月
廃タイヤ廃バッテリー引取会の品目に消火器を追加    
平成18年
4月
蓮田市のし尿収集運搬業務を業者委託とする。(生し尿の全面委託)    
平成19年
4月
「資源物の持ち去り禁止」を規定する条例施行   民間施設での汚泥の堆肥化を開始
平成20年
3月
  ACC(自動燃焼装置)交換工事  
平成20年
4月
    42KL/日し尿処理施設運転管理委託
平成20年
7月

直接持ち込みの処理手数料を改定

(90円/10kg→150円/10kg)

   
平成20年
10月
  焼却灰(の一部)を人工砂として(道路資材等)の原料化を開始  
平成21年
3月
  ごみ焼却施設の処理能力を180t/16h→270t/24hに変更  
平成22年
3月
一般廃棄物処理基本計画の改訂    
平成23年
2月
  テント倉庫建設工事  
平成24年
3月
    旧し尿処理施設解体工事及び整地工事
平成24年
4月
 燃えるごみ等収集業務委託を一元化し、1社委託とする

ごみ焼却施設夜勤一部委託

キレート処理開始

 
平成24年
6月
リサイクルプラザ併設型
ストックヤード建設工事
  30KL/日施設廃止
平成24年
10月

・白岡町の市制施行に伴い、組合名称及び住所を「蓮田白岡衛生組合」、「白岡市篠津1279-5」に変更

・ごみ分別を6分別から8分別へ

・「金属類用」有料指定ごみ袋を「燃やせないごみ用」に変更

・ガラス、ペットボトルの単独収集及び有害・危険ごみの収集の開始

・収集地区の見直しを行い、24区域から10区域へ変更

・ふれあい収集を開始

   
平成25年
4月
リサイクルプラザ竣工
(愛称:エコプラザ)
学校収集(廃食用油の回収)を開始し、インクの原料としてリサイクルを開始

施設維持管理業務委託
24h連続運転を開始

長寿命化計画による基幹整備事業を開始

 
平成25年
6月
廃タイヤバッテリー引取会から消火器の回収を廃止    

平成26年

4月

・消費税率の引上げに伴うごみ搬入手数料等の改定(税別金額の設定)

・管内小中学校の学校給食からでる廃食用油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、ごみ収集車の代替燃料として使用開始

・組合公式ホームページをリニューアル

   

平成27年

4月

一般廃棄物処理基本計画の改訂 施設維持管理運転業務委託として、ごみ・粗大・し尿処理の運転管理を一元化

施設維持管理運転業務委託として、ごみ・粗大・し尿処理の運転管理を一元化

 

このページのトップへ